ジンベエザメ

和名 : ジンベエザメ(甚兵衛鮫)
英名 : Whale Shark
学名 : Rhincodon typus
分類 : テンジクザメ目ジンベエザメ科

ダイバーなら一度は一緒に泳いでみたい!ご存知、現存する魚類でNo1の大きさを誇るジンベエザメ!水中で会っちゃったら大興奮ですよね~!プーケット近郊、シミラン諸島方面のダイビングエリアでもタイミング次第だけど会えちゃいます・・・が、ダイビングエリアよりも沖合いにある漁場ではかなりの高確率で見れるらしく、フィッシングボートの方が遭遇率は高いかも!ラチャノイ島の沖合いはジンベエザメもマンタもよく見るって話を釣り人から聞いた事あります。スノーケリングセット持ってフィッシングボートに乗ろうかな!
ジンベエザメは深くも潜るけど、プランクトンが多い水面付近を泳いでいる事が多いので、出会う場所は浅くて安全停止中にバッタリ!というパターンが結構多いです!僕のダイビング人生ではニアミスだらけで、念願叶って初めて野生のジンベエザメと一緒に泳いだのはプーケットに来てからのピピ島(ビダノック)でした。

「ところで、ジンベエ?ジンベイ?どっち?」って会話になる事があるんですが、名前の由来である浴衣みたいな「ジンベエ」自体が、甚兵衛(じんべえ)でも甚平(じんべい)でも正解のようで、正直な所どっちでもOKって感じですね!ただ、一応、正式和名はジンベエザメ。そして、この甚兵衛模様は1匹1匹違うらしく個体識別にも役立つらとの事・・・って識別するほどいっぱい見てみたい!!

ジンベエザメ
この時は浮遊物も多くて、コンディションは悪かったけど、目の前でターンして向かってきたから大興奮!
ジンベエザメ
ラチャヤイ島の安全停止中にバッタリな子!
中には体験ダイビングで見ちゃった!って強者もいます。
ジンベエザメのシルエット
水面付近を泳いでいるから、頭上に現われてシルエット!って事も。
追いかけたくなるけど、こういう時は危ないから水深キープしましょうね!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA