海は休まってる!

ピピ島ビダノックのギンガメアジの群れ

こんにちは!TAKESHIです!

最近のプーケットはマスク無しで外出すると逮捕or罰金だったり、いよいよ封じ込め作戦発動で4月13日からの14日間、日本で言う所の「区」とか「村」を完全封鎖。そのエリアの境目には検問が敷かれて原則移動はできなーい。現時点ではエリア内の行動(スーパー・薬局へ買い物に行くなど)は許されているけど、隣国マレーシアのように24時間外出禁止令が首相たちによって協議中だとか。

県内全エリアを封鎖するのはタイ国内でもプーケットがお初のようです。(ちなみにプーケットは1つの県で、プーケット県でーす。)

とにかく人の動きを止めて拡大防止へ!
社会構造が違う日本はなかなかそれが難しいと思うので、日本の皆さんはとにかく各々ができる範囲で最大限にご自愛くださいませ。

さてさて、たまには海のお話も!
2019-2020シーズンはピピ島のビダノックにギンガメアジが大量に住みついて、もともとダイナミックなポイントだったのが、さらに豪快に♪ 潮の加減によってはぐるぐるトルネードも見れたし、キンセンフエダイやブラックフィンバラクーダが僕の中では準主役に。ダイバーが居なくなった今はきっと伸び伸びと泳いでいるんだろうな~! 「海を休める」って意味ではこの新型コロナ騒ぎはとってもポジティブな事ですね~!

この騒ぎが落ち着いて、しっかり休んだ海はいったいどんな世界が広がっているのか、楽しみで仕方が無い!

朝活で東の水平線を眺める事が多い最近。朝は空気が澄んでて遠くのピピ島もクッキリ見えるんです!ピピ島を見る度に、このギンガメアジを思い出す~!

いつ潜れるようになるかはわからないけど、いつか来るその日を楽しみに!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA