コンディション良し!シミランクルーズ PartⅠ

こんにちは!TAKESHIです!
2021年のソンクラーン大型連休はMV Lapat号で行くシミランクルーズからのスタート!4名のゲストをご案内です!

1週間前は強い西風が吹いて、ドキドキしていたけど、当日を迎えるとベッタリ穏やか!海は青い!天気も良い!と三拍子揃って最高のコンディション♪リチェリューロックへ向かうスピードボートも快適すぎでしたー!

今回のクルーズはリチェリューロックから南下していく2泊3日。水中も見どころ満載でなかなかまとめきれない濃い~3日間だったので、1日ごとに海報告しまーす!という事でまずは初日のPartⅠ!

年始の時はなかなかの荒れっぷりで結局リチェリューロックでは潜れなかったけど、今回は外洋とは思えないほど真っ平らな水面で、年始に参加してくれたゲストさんもリチェリューリベンジ見事に達成です!ボートの上からでも透明度の良さが分かるほどの青い海!エントリーして水面に顔を浸けるとリチェリューロックの地形がクッキリ!もう最高ですね!シーズンも終わりかけで小魚がだいぶ減ったとは言え、まだまだモリモリ!流れもほんのりで魚は集まるし泳ぎやすいし、この上ないコンディションでした!

ワイドモード全快のゲストさん。撮る!撮る!撮る!
スカシテンジクダイのベールの中でジーッとしてるマダラハタ!
久しぶりに大好きなトラフケボリも!プーケット近郊ではまだ見た事ない!
イエローバックフュージュラーがワラワラ~っと、どこからともなく現れて、青い海に黄色いラインが素敵だな!って眺めていたらロウニンアジが蹴散らしてた!!追っかけられていたのね!
2本目、離れ根の方へ行くとギンガメアジがぐっちゃり!!
密度高めの”アジ玉”状態で迫力満点でした!水中はソーシャルディスタンスは関係ナシ♪
ほんのり流れていたおかげで、どこかへ行ってしまうことなく、ずーっと遊べて、360°ギンガメアジに囲まれる贅沢な時間も!
安全停止を終えて浮上しようとしたら、めちゃくちゃでっかい(2m級)のピックハンドルバラクーダが登場!
2021/04/10 シミランクルーズのオオモンカエルアンコウ
3本目、そろそろ水深を上げよう・・・とした時にオオモンカエルアンコウを発見!
時間的に水深的にじっくりは見れなかったけど、とりあえずの証拠写真!

3Diveかけてリチェリューロックの隅から隅までガッツリ泳いでたっぷり満喫!潜り終わると、スリン諸島へ沈む夕陽で初日は締めでございます!

ボートの上から見る夕陽って最高ですよね!

絶好調のリチェリュースタートだったのでいきなりエンジン全開なクルーズ!さぁ明日はタチャイ~ボン島でのダイビング!PartⅡへ続く!

それでは!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA