タイへの入国のルールについて

ピピ島のマヤベイ

こんにちは!TAKESHIです!

新型コロナウィルスの蔓延状況でコロコロと変わるタイへの入国ルール。状況に応じてルールを決める方も大変だってのは重々承知だけど、アップデートする度に付いていくボクらも結構必死です!
現時点(2022/1/25現在)での情報をひとまずまとめてみました!

現在、国外からタイに入国する方法は、
・Test & Go
・Sandbox 
・通常の隔離入国
の3つですが、要点抜粋で簡単に表にするとこんな感じです!

Test & Go Sandbox 通常の隔離
タイへ入国可能な対象国どこの国からでもOK どこの国からでもOK どこの国からでもOK
入国できるタイの地域タイ全土指定された地域のみ
(プーケット、パンガー、スラタニー、クラビ、チョンブリなど)
タイ全土
ワクチン接種必須必須未接種でもOK
入国ルート空路、水路
・水路の場合は同乗者が全員ワクチン接種済み
空路のみ空路/水路/陸路全てOK
必要な隔離 到着日1泊&5日目1泊
・別々のホテルでもOK
・5日未満は2回目の検査は必要ナシ
到着日から7泊
・7日未満の滞在であれば7泊の必要ナシ
ワクチン接種者: 7泊
ワクチン未接種:10泊
行動規制PCR検査日、陰性結果が出るまでの時間のみ
ホテルで待機
PCR検査日、陰性結果が出るまでの時間のみ
ホテルで待機
原則、隔離中は外出禁止
滞在中PCR検査到着時と5日目到着時と5~6日目7泊:到着日と5-6日目
10泊:到着日と8-9日目
加入必須の保険新型コロナウィルスに
よる疾患の補償額
50000USドル以上
新型コロナウィルスに
よる疾患の補償額
50000USドル以上
新型コロナウィルスに
よる疾患の補償額
50000USドル以上

プーケットの場合はサンドボックスの対象地区でもあるので、全ての方法で来ることは出来ますが、隔離/検疫が短い方法は現時点だと、Test & Goでバンコク1泊 → PCR検査の結果が陰性 → 国内線でプーケットですね。とは言え、また状況によって変わるかもしれないし、日本帰国時の隔離検疫もあるし、まだまだ渡航のハードルは高いですね、、、。

状況に応じて変更するかもしれませんので最新の情報は、タイ観光庁在タイ日本大使館などのサイトをチェックしてみて下さいね!


タイ国内からプーケットへの入島はこちら

プーケットのサンドボックスプログラムの詳細についてはこちら※【参考】タイ政府観光庁(日本語)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA