タオ島遠征の巻!

こんにちは!TAKESHIです!

今年のGWはプーケットから離れて、タオ島へ遠征!
同じタイでも本土を挟んで反対側の海。タイという国はとっても面白い立地でして、プーケット&シミラン海域はインド洋(の中のアンダマン海)だけど、タオ島側が接するのは太平洋になるんです!1つの国で三大大洋の2つに面してるって凄い!!何が違うって、そりゃー全てが違う訳ですよ! もちろん場所が変わればボートの形もダイビングスタイルも違うけど、何よりも会えるお魚さん達がぜーんぜん違う!

1週間ほど、ビッグブルーさんでお世話になりながら、ウチのリピーターさんを迎えてタオ島の海をご案内!

自分自身、久しぶりに潜るタオ島の海!
まずはゲストを迎える前に、調査ダイブ!贅沢にもオーナーのTAKESHI氏にマンツーマンでタオ島の魅力をじっくりと案内してもらいました♪そう、Wタケシです!!

そんな調査ダイブの一コマを今日はご報告!

タオ島の魚影の濃さ
とにかく魚影が濃い!シャム湾(タイ湾)という独特の環境で魚種というより、同種が異常に多い!
もうどこで潜っても魚がグッチャリ!
タオ島のハナビラクマノミ
アンダマン海ではスカンクアネモネが居そうな環境にはハナビラクマノミ!
タオ島のコガネアジ
黄色いツブツブ模様のコガネアジはハンティングシーンが見ものです!
黄色になる個体は撮れなかった、、、。
タオ島のコガネアジ
何と言ってもシャープなシルエットがカッコ良い!
タオ島のヤイトハタ
超巨大なヤイトハタ!
小柄な女性より大きい・・・は言いすぎかな!笑
タオ島のテルメアジ
チュンポンピナクルで遭遇したテルメアジ!
の、奥にはガイドをするYURIKA氏
タオ島のイバラカンザシとサンゴと小魚
イバラカンザシの密度の濃さも感激!

ココから先は太平洋ならではの会いたかったシリーズ!

タオ島のワヌケヤッコ
ワヌケヤッコはインド洋にも居るけど、ある一部分が大きく違う!
正解はココです!→ワヌケヤッコ
タオ島のトウアカクマノミ
インド洋のセバエアネモネの太平洋verはトウアカクマノミ!
タオ島のツキチョウチョウウオ
この子が一番会いたかったー!
ツキチョウチョウウオ!

目に飛び込んでくるもの全てが新鮮で楽しくてしょーがない!!
TG-6で撮ったマクロはまた後日!

という事で、1週間のタオ島遠征、張り切って動き回ります!

それでは、また!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA