逆にビックリな水中コンディション!

ラチャノイ島のバナナベイ

こんにちは!TAKESHIです!
昨日の素敵な水中コンディションだったピピ島トリップから日が変わって、ラチャノイ島へGo!
プーケットから言うと、マレー半島本土方面にあるピピ島に対して、ラチャ島はインド洋に向かう外洋方面。進む方向が90°変わるだけで、地質も変わって、海の質もぜーんぜん違うんです!最近のラチャ島のコンディションの良さは耳に入っていたから、昨日の今日だし、青みのある海を楽しみに朝からワクワク!

ボートで移動中に海の色を見てると、まぁこれだけ青かったら充分でしょう!ってな具合で文句ナシのコンディションだったけど、手前側のラチャヤイ島を過ぎてラチャノイ島が近づいてい来ると、その青みがググッと濃くなって、ちょっとコレはヤバいんじゃない?って思っちゃうほどの海の色!ダイブサイトのバナナベイに到着すると、ボート上のスタッフ含めてみんなが「Wow~♪」って!ツラれて思わず「Wow~♪」って言っちゃった!笑 はやる気持ちを抑えて準備は慎重に、整ったらそれイケ-!とジャイアントでドボン! 顔を浸けるとゲストとハモりながら「わーーーーーーっ!」めっちゃくちゃめっちゃくちゃ青い!!

ラチャノイ島は年間を通して安定した青さがウリだけど、そんな中でも群を抜いて青い、昨日とは逆にビックリな最高のコンディション!プーケット近郊の透明度をレベル分けしたとしたら、「もっとも抜けてる!」の最上級クラスですー!ちょうどアドバンスでメジャーを伸ばしてるグループも居て、透明度は軽く40mオーバーでした! すこぶる青い!すこブルー!!(←ちょっと流行らそうと思ってるけどダメかな・・・古い?笑)

ラチャノイ島のバナナベイ
遠くの水面に浮いてるダイバーも見えちゃう透明度の良さ!
ゲストさんも大興奮!
ラチャノイ島でボート下に群れるタイワンカマス
ラチャ島名物のタイワンカマスはボート下でワラワラ~!
真っ青な海に真っ赤なホウセキキントキ!
海を見ながらランチタイム
こんな景色を眺めながらのランチは至福の時間ですね~!
タオルがちょっと邪魔だけど、ダイビングボートあるあるで仕方ナシ!
プーケットのダイビング
空も海も真っ青けっけーー!
ボートの底と太陽の光
青い海の中で、ダイバーならではのこの景色、大好きです!
ラチャノイ島で会ったコラーレバタフライフィッシュ
マユゲちゃん(コラーレバタフライフィッシュ)の群れ!
ゲジゲジまゆ毛模様わかりますか??
ラチャノイ島の巨岩
ラチャノイ島はシミラン諸島に似た地質で巨岩もいっぱい!
ラチャヤイ島の沈船
ラストの3本目はボートをラチャヤイ島まで戻してベイ1で!
少し透明度が落ちたけど、昨日の海を見てますからね!笑
ウルマカエルアンコウが隠れてるサンゴ
カエルアンコウチャレンジ!さぁどこに居るでしょう??
真ん中を拡大すると・・・
↓↓↓
サンゴの間に隠れるウルマケルアンコウ
擬態上手すぎっ!正面顔で頭頂部は左下側です。
ウルマカエルアンコウかな。おそらく。
ラチャヤイ島のツバメウオ
あわよくばホッペにチュー♡なツバメウオ!
バナナベイで撮った記念写真

2日間で”最上級の濁り”と”最上級の青さ”を体験してしまったゲストさん。同じ海とは思えないけど、クセの強い海だけど、養分濃度の高さを誇るプーケットの海の宿命ですね!いや~それにしても青かった!というか、順番が逆じゃなくて本当に良かった!!

これからの雨季シーズンはラチャ方面の透明度はベストシーズンを迎えて、平均してクリアで真っ青な海が続きます!雨季とは言ってもメインは朝晩のスコールで日中は晴れてるのがレギュラーのお天気なので、ぜひまたこの青さを見に来てくださーい♪

2日間、ありがとうございました!

それでは、また!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA