eneloop恐るべし!

デジタル一眼レフ

こんにちは!TAKESHIです!

昨日ついに条件付きではあるけど、タイ17都市は隔離ナシでの開国となりました!(正確には空港到着後のPCR検査の結果待ちをする為の1泊待機が必須) 現時点では日本を含む46ヵ国が対象となっているけど、近いうちにもう20ヵ国くらい増えるそうな。 タイの世論では「まだ時期尚早ではないか?」という意見もあるようだけど、タイ国内のワクチン接種率がかなり上がって来た事などを考慮しての判断のようですね~!(最近のプーケットのコロナ事情) 一般の観光客が動くにはまだまだハードルが高いけど、まずはビジネスパーソンが動きやすくなるこの一歩が大事!徐々に緩和して目指すは一般観光の次なる一歩! 新型コロナウィルスのパンデミックから約1年半、少しずつ前には進んでいる・・・のかな!

さてさて、そんな今日この頃ではありますが!
長年、実家で眠っていた愛機のカメラとついに再会を果たしたんです~!気が付けばもう7年ぶり!
時は流れて、もう時代遅れの旧式ではあるけど、久しぶりに触るとやっぱりテンション上がる~♪

まずはカメラ本体とレンズ達のチェーック!バッテリー関係が生きてるのか?レンズ&カメラ内部にカビは生えてないのか?が気になったけど、ひとまずセーフ!カメラのバッテリーもしっかり充電できたし。

さぁ続いて、ストロボ・・・と、eneloopが1セット分(8本)見当たらないけど、ライト用でこっちに持って来てたんだっけな~?息子のプラレールに入ってるヤツがそうだっけな~?イヤあれはAyaのだな~なんて思いながらストロボを開けてみると、なんと、eneloop入れっぱなしでしたわっ!ココで気になったのが「放電しない」というこの電池のウリ。これで点いたらすげぇーな!なんて、まさか点くとも思わず試しにストロボのスイッチをONにしてみたら、勢いよく”キュイーーーーン”って鳴って赤い光がピカッ!えーーーーーっ、点いたーーーっ!しかもこの点灯の速さはほぼフル充電に近い感じ!驚

ストロボの点灯チェック
eneloopの無放電はホンモノですよ!!!!

ストロボ、ハウジングの可動部は入念にメンテナンスをして、メインのOリングは交換して、ドキドキの進水!まずはカメラを入れずに空っぽのハウジングだけ持って行ったらセーフ♪良かった~!コレで使える!

ガイド中に一眼はあまり持って入れないけど、リピーターさんとのマンツーマン(ダイブマスターで経験も豊富!)だったのでコンディションも良かったし、チョロっとワイド撮影!

ラチャノイ島のサウスチップ
真っ青なラチャノイ島サウスチップでの潜降の時のワンシーン!

昔20代の頃、青い海を撮りたくて、手に入れたこのデジタル一眼。
今やフルサイズが主流になってるし、そもそもNikonもメインはミラーレスに移行するし、動画も撮れなきゃ、メモリーもコンパクトフラッシュ(知ってる?笑)のみだけど、この旧式をまだまだ大事に使おうと思います!

調査Diveの楽しみも増えた♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA