日没後に絶景が!南アンダマンクルーズ PartⅠ

ダイビングボートからのエントリーシーン

こんにちは!TAKESHIです!

バンコク在住のゲストさん2名と金曜日の夜発(2/18夜~2/20)で2泊2日の南アンダマンクルーズトリップに行ってきました!崩れ気味だった空模様はしっかり復活して、天気&水面コンディションともに素敵なクルーズ日和♪ 前回は行きがどんぶらこっこだったけど、湾内から外に出てもさほど揺れずに快適~!

南アンダマンクルーズと言えば恒例のGiamani号!満席だとしてものんびり過ごせるラグジュアリーボートに今回は定員の半分だったからのんびりどころじゃなくて超ウルトラスーパーのんびりな贅沢トリップ!!水面コンディションに加えてボート上も快適で最高でしたねー!

初日はコハーの早朝ダイブからのスタート!
朝起きて海の色を見てみると、しばらく続いた雨の影響か、やや濁りな透明度。とは言っても魚はモリモリです!日の出前後は魚たちが活発に動き回るから潜降してすぐに、フュージュラーの子供達を蹴散らすイソマグロ、ロウニンアジカスミアジなどなど迫力満点のアタックシーンが眼前に広がります!

そして、コハーと言えば、大きなホールでプチケーブダイビングで地形も満喫!

コハーのカバーン
一番大きな穴の所でワーイ!
コハーの洞窟潜り
小さい入口から入るとプチケーブダイビングも楽しめます♪

早朝ダイブで目を覚まして、朝食を食べたら、人気ポイント、ヒンデーン&ヒンムアンへ!

群れにアタックするロウニンアジ
ヒンムアンはダイアミックな根で、大きめのロウニンアジがビュンビュンアタック!
ソフトコーラルとダイバー
ソフトーコーラルも綺麗に咲いて、カラフルで綺麗です!
まさにヒンムアン(タイ語でヒン=岩,ムアン=紫)
イエローバックフュージュラーの群れ
根のてっぺんでそろそろ安全停止を~なんて思ってたらいきなり
イエローバックフュージュラーが流れてきた!

ヒンムアンでのダイビングを終えたら、すぐ隣(200mくらいしか離れてない)のヒンデーンで2Dive!

ユカタハタとスカシテンジクダイ
スカシテンジクダイなどの小魚もまだまだ多くて、根をびっしりと覆っていました!
そこにお決まりのユカタハタ!
ソフトコーラルとスカシテンジクダイ
ヒンデーンもソフトーコーラルが元気いっぱいでお花畑みたい!
ツバメウオとダイバー
今回は大潮周りで時間帯によっては程良い流れで、潮の影にはツバメウオがいっぱい!
ツバメウオの群れとダイバー
なかなか、ひとかたまりにはならなかったけど30匹以上いましたよ!
クルーズ中の夕陽
ラストダイブから上がると、ちょうど素敵な夕陽タイム!
ココからが早いんですよねーー!

船上から眺める夕陽はホントに贅沢♪ 水平線に沈む瞬間もしっかり見て、サンセットタイム終了・・・と思いきや、日没後にまたまた絶景が!

日没後の光景
水平線の先にある雲のおかげで光のスジが!
灼熱のオーロラ!って感じで神秘的でした!
ってホンモノのオーロラは見た事が無いんですけどねっ!笑

こんな景色を眺めながらのビール、最高ですな~!
そして、夜の船上ではゲストが持って来てくれた1つのアイテムで大盛り上がり!!

この続きは、PartⅡで!

それでは!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA